人気の豊胸手術について、詳しい情報をまとめました。

施術後のケア

豊胸手術は、施術が完了すればそれで全てが終わるわけではありません。
施術を受けた後のバストのケア、いわゆる「アフターケア」も非常に重要です。このアフターケアをしっかり行うことで、豊胸手術の仕上がりを長く維持することが出来ます。
まずは、しっかりと医師の方と話をして、適切なアフターケア、施術直後の過ごし方などを指導してもらいましょう。独断のケアを行うのは禁物です。

人工バッグ挿入法の場合、施術後の3日間ほどは安静に過ごすことが大事です。施術を受けた場所はもちろん、体全体をゆっくり休めるように心がけましょう。1週間ほどしたら抜糸をするので、それが終わるまでは湯船に浸かるお風呂は避けて、シャワーのみにしておきましょう。
抜糸が済んだら、豊胸手術のアフターケアで最も大事な「マッサージ」を行いましょう。
人工挿入の豊胸手術は、術後2週間ほどで腫れが引いてきます。それまでは、胸を圧迫するような下着や姿勢は控えるようにしましょう。マッサージを根気強く続けて、安静にしていれば1ヶ月ほどでバストの状態も安定します。
脂肪注入法も同じように、安静にして、マッサージをして下さい。激しいスポーツは厳禁です。豊胸手術をしたバストだけでなく、脂肪を吸引した部分のケアもしっかりと行いましょう。
脂肪を吸引した場所に痛みやむくみ、腫れなどが生じた場合があります。そうなった場合は、2,3週間程はマッサージを続けるとよいでしょう。